給排水衛生設備工事

■このような工事はお任せください!

○給水設備工事

上水道・中水道・工業用水道から受水したり、敷地内の井戸から汲み上げた水を必要とされる箇所に必要な水質で供給するシステム。
端的にいえば、「生活・業務に必要な水を供給するための設備工事」ということになります。
もちろん適切な設計・配管施工・機器工事が必要です。

【直結直圧式】
3階建てまでの建物に対して、配水管水圧により直接給水する方法。

【直結増圧式】
水道本管の水圧の不足分を増圧装置(増圧ポンプ)で補って直接給水する方法。

【その他】
受水槽式・高架タンク式など


 

○給湯設備工事

給湯のための配管、設備に関わる工事です。
ビル・マンションの給湯器、ボイラー交換に伴う配管工事などが挙げられます。

【給湯器、温水ボイラー】
水を湯に変えて供給する器具を給湯器、ガスや油を燃料とし、バーナーに自動燃焼装置をつけ、温水をつくるものを温水ボイラーといいます。

【熱交換器】
温度の高い流体から低い流体へ熱を移動させる機器。
一般的にはエアコンや冷蔵庫、産業用ではボイラーなどに使用されています。

【その他】
加圧ポンプ・循環ポンプ・給湯栓など


 

○排水設備工事

汚水(トイレ・キッチン・お風呂などの排水)や雨水を公共下水道等へ排水するための設備工事。
給水給湯などを使用すれば必ず排水設備も必要になります。

【汚水管・雑排水管工事】
雑排水とは、キッチン・お風呂・洗面所・洗濯などで洗いものをした時に出る汚水のこと。
その排水管の工事です。

【その他】
ループ通気方式・各個通気方式・伸頂通気方式など


 

○各種管工事

各種設備機器の設置、衛生配管に関わる工事に幅広く対応しております。
もし「こんな工事も頼みたい」とお考えであれば、お気軽にお問い合わせください。

一覧ページに戻る