空調機取り付け(壁掛型・天井カセット型・天井吊型)

■壁掛型は狭い空間やオフィスに合う!

もっとも一般的な型として壁掛型があります。
ルームエアコンでもよくみられるこのタイプは、コンパクトな見た目も非常に人気。
手軽に設置できるため工事費も比較的安く、お手入れも簡単にできるのがメリットです。
ひと昔前に比べサイズがより小さくなり、さらにスッキリと設置できるようになりました。

業務用であれば、もちろん規格が違うので風量も申し分ないのですが、他の2種と比べるとパワーは一段劣ります。
ここは使用場所を選び、小規模な店舗やオフィスなどに設置しましょう。

○メリット

・コンパクトで設置場所をとらない
・工事にかかるコストが比較的安い
・メンテナンスが簡単
・静音性に優れる


 

○デメリット

・天井カセット型や天井吊型に比べ、パワーが足りない
・吹き出し口が一方向のため、室内によっては温度差が出やすい

 

■天井カセット型は、もはや天井の一部!

テナントやオフィスビルでの使用例が多い天井カセット型。
ポピュラーな業務用エアコンですね。
天井に埋め込むように設置するため、美観を損ないません。
また天井に照明があったり、ミニショップなどでスペースを取りづらいケースも対応できるため、内装にこだわりたい方は空調にも気を付けてみてはいかがでしょうか?

○メリット

・天井と一体型なので見た目がスッキリする
・パネルの色が選べる
・センサーなど、オプション機能がついたものも豊富
・送風口は1方向、2方向、4方向、ラウンドフローで選べる


 

○デメリット

・天井に穴を開けて取り付けるので、天井裏にスペースが必要
・天井の高さによっては、足元まで風が届きにくい
・壁掛型、天井吊型に比べて、工事にかかる費用が高め

 

■ダントツのパワータイプ!天井吊型

天井裏にスペースがなく、天井カセット型を設置できない場合は天井吊型がオススメ。
文字通り「天井に本体を吊るす」形で設置するため、一方向吹き出しタイプです。
見た目のスマートさとは裏腹に、パワーは他2種と比べてもダントツ。
室内機1台で最大10馬力まで出すことができ、遠くまで風を送ることが可能です。
細長い部屋や天井が高い部屋に最適といえるでしょう。

○メリット

・パワーがあり、奥行きのある部屋や天井が高い部屋でも風を遠くまで送ることができる
・急運転が可能
・見た目と違い、運転音が静か


 

○デメリット

・機器本体や配管がむき出しになる
・吹き出し口が一方向のため、室内によっては温度差が出やすい


 

○吹き出し口を選べる天吊自在型

見た目は天井カセット型に似ているのですが、天井に吊るして設置するタイプ。
吹き出し口を選べるため、上記のデメリットがひとつ解消されることになります。

一覧ページに戻る